本日 61 人 - 昨日 115 人 - 累計 116092 人

エディオンアリーナ(大阪府立体育館)にて極真連合会主催 第 26 回グランドチャンピオン決定戦 第 37 回全日本ウエイト制空手道選手権大会が 6 月 26.27 日の2日間で開催され、グラ チャンに大橋一葉君(安城本部)、全日本ウエイト制(体重別)に名越大翔君(名古屋南)が 出場しました。選手 1 名につき1名のセコンド制限で実施されました。 一葉君は、準決勝、膝蹴りで打合いを仕掛けますが、相手にコンパクトな突きのラッシ ュでまとめられ、判定 0-3 で惜しくも敗れましたが、3 位という結果になりました。大 翔君は黒岡裕真選手(極真関西)と対戦、開始直後から追い詰めるも技のテクニックや間合いを相手に優位にとられ判定 0-5 で判定負け。両名の対戦相手が優勝という強い相手に真向勝負をしました。 一葉君、大翔君も経験を積んでいくともっと勝てるようになるかと思います。保護者の 皆様、応援してくださった皆様ありがとうございました。